【小説紹介サイトお勧め》】

スポンサーリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        
テーマ:夭逝した豊臣秀吉の子供の鶴松に転生して死亡フラグを回避



タイトル:
浪速の夢遊び
作者:秋鷽亭
小説を読もう!リンク

分類:
戦国時代物小説
全記事一覧

お勧め内容:
『概要』
豊臣秀吉と淀君の子供に生まれながら夭逝した鶴松に転生します。現代の
日本から転生した主人公でしたが、前世が夭逝した鶴松本人で何度も
病死や謀殺の憂き目に遭って転生を繰り返して来た記憶を持っていました。

そんな主人公の転生を描いて行くのですが、天下人の豊臣秀吉の怜悧な
政略や子飼いの能吏の石田三成や豪傑の福島正則達の若き日々と後の
諍いの遠因や秀吉の正妻で子供を授からなかった寧々の苦悩と主人公以
外の人物模様も描かれて行きます。

ブログ筆者は主人公が登場しない場面がつまらなく感じてしまうのですが、
本作品では豊臣家の人々が関東の雄の北条征伐を背景として戦国の世
を生き抜く様が直接主人公が出て来なくても文句なく楽しめました。

小説を読もう!感想リンク

スポンサーリンク


『スト―リ流れ』
優秀な兄弟に挟まれて両親から疎まれた主人公は生を断ち切ってしまい
ます。そして前世で生きた豊臣秀吉の子供の鶴松に再度生まれ変わります。

現代に生まれる前の主人公は、鶴松としての人生を病死や生母や義母
を初めとした身内に謀殺される人生を何度も繰り返していたのでした。

そこで現代に一度転生した知識を使って、病死や謀殺から逃れて唯一
愛情を注いでくれた父の秀吉の役に立とうと決意します。

残念ながら義母の寧々を操った陰謀で絞殺されかけた主人公は、二歳の
幼児ながら話す事が出来る様になって、大人の英知と言葉で行動して行き
ます。

現代知識を生かして穢れとして避けられた肉食等を広めて病死を回避して、
衛生環境の改善や戦場での怪我の治療の迷信の排除と改革を推し進めて
行きます。

更に英知を見せる主人公は、豊臣家家臣団の不和の原因に口利きをしたり
臣下の信頼を得ていきます。

そんな中で豊臣家は北条征伐を始めて、戦闘や謀略で活躍する武将達も
生き生きと描かれます。

小説を読もう!小説情報リンク

『面白さポイント』
幼児ながら現代知識を使って改革を進める主人公の様子も面白いの
ですが、北条征伐で戦略の冴えを見せる天下人豊臣秀吉の采配
浮気性で正妻の寧々に叱られる様子と天下を取った豊臣秀吉が語ら
れます。

不和から徳川家康に味方した福島正則と石田三成の秀吉存命中の諍い
の様子と心理と天下分け目の決戦の関ケ原のみで語らる事が多い武将の
若き日々が描かれます。

更に幼児ながら神様のお告げとして大人の様に行動して現代知識を広めて
行く主人公と豊臣家の今後に興味が湧きます。

愚かな子煩悩として取り上げられて来た秀吉の親馬鹿の様子が温かくて、
素直にそれを感じ取れる経験を積んだ主人公の心情と機微にも惹かれ
ます。

続きを読む >>

スポンサーサイト
        
テーマ:切腹させられた武田信玄の嫡男に転生して戦国時代を生き抜く
イメージ画像


タイトル:
武田義信 風林火陰山雷
作者:克全
小説を読もう!リンク

分類:
戦国時代物小説
全記事一覧

お勧め内容:
『概要』
武田信玄の信濃侵攻に反対して切腹させられた武田信玄の嫡男に転生
した主人公を描いて行きます。

密かに私兵を準備して粛清に対処すると共に、悲惨な浮民・山窩(さんか)・
河原者(かわらもの)
と言う難民や職業差別を受けて飢餓と貧困に瀕した
人々を助け出そうとして彼らを集めて行きます。

そんな試みを幼少期から始めた主人公でしたが、非情と略奪を行う信玄と
甲斐のやむ負えない置かれた厳しい状況が分かって、切腹を回避しようと
動くと同時に信玄の元で豊かさを求めて天下を望んで行きます。

小説を読もう!感想リンク

スポンサーリンク


『スト―リ流れ』
初老手前の男が転生しますが、未来では無く過去な事に驚きます。しかし
裕福な家に生まれた事も分かって喜びますが、武田信玄の嫡男で切腹
させらた武田義信に転生している事が分かって焦ります。

切腹させられない様に家族の融和を図って、信玄や母親や兄弟たちに
日本の未来の料理を振る舞って一家団欒を図ります。

また、領地の悲惨な暮らしをする人々を見て彼らを飢えさせない事を
目指して保護して行きます。

そんな浮民・山窩(さんか)・河原者(かわらもの)の中には、素破
言われる諜報関係者や皮細工士等もいて、戦闘やお金稼ぎの力と
なっていきます。

素破の力も有って城を落として行く主人公には武勇の評価が立って、
保護した子供達も足軽や騎馬武者に成長します。

更に技術者を優遇して集め始めた主人公は、製薬や酒造の技術者も
集まり財力をなして行きます。

集めたお金で朝廷工作も始める主人公は、母の貴族家を通して
朝廷や幕府とのパイプを作ります。

主人公と技術者によって鉄砲は勿論の事に、弓のバリスタ等も開発
して軍事力を高めて行くます。

小説を読もう!小説情報リンク

『面白さポイント』
信玄から疑われて切腹させられる事を恐れながら飢餓に瀕する人々
を幼児ながら救おうとアイデアを出して行く主人公の行動が面白く
なります。

主人公は結構博識で、薬の開発を行って珍しい料理を作って喜ばれる
様子が面白くなります。

更に豊かになる甲斐国に招かれて驚愕する公家の様子が面白くて、
朝廷工作を進める主人公の様子も楽しめます。

更に未来を知る主人公が、活躍しすぎて歴史が変わって知識が役に
立たなくなる事をさけながら天下を目指す様子が面白くなります。

続きを読む >>

        
テーマ:なんちゃって戦国大名のお殿様になって信長と謙信の間でうろうろ
イメージ画像


タイトル:
佐野昌綱の野望
作者:立道智之
作者様削除に寄ってリンク切れとなっています。2017/02/23

分類:
戦国時代物小説
全記事一覧

お勧め内容:
『概要』
戦国時代の大名のお殿様となった主人公が、関東の雄の北条氏と関東管領
として関東の支配を目指す上杉謙信の間で中小大名の佐野家の生き残りを
図っていきます。

主人公は栃木県の佐野市周辺を支配する戦国大名の佐野昌綱となりますが、
そんな大名知りませんの上に、主人公も戦国時代の歴史知識がほとんど無い
のでした。

しかも大名家の面々は大学のサークル仲間に現代の家族に、性格のみ良い
見合い相手が配下の武将や奥方となって登場してきます。

ちょっとゆるい主人公の周辺の人間関係に脱力しますが、戦国時代はシビア
で、関東を制覇する北条と関東管領の権威を持つ上杉での争いが度々発生
して、中小大名の佐野家は生き残りを図って両勢力の間を渡り歩く蝙蝠外交
を余儀なくされます。

更に織田家の飛躍が始まり織田信長の天下統一ぐらいは知っていた主人公
は織田信長を恐れますが、室町幕府を妄信する上杉謙信は織田勢力に付く
事を拒絶して来ます。

面白いのは上杉謙信が女性と言う通説を採用していて、「ゲキオコ」して
「ぶっころす」と迫る彼女が美人で、心情的に見捨てられないのでした。

スポンサーリンク


『スト―リ流れ』
出来が良いが空気の読めない弟に、典型的な中年オヤジの父と母の両親
を主人公は持っていました。

なんとなく大学に通って美人目当てにサークルに所属して、性格は良いのに
見た目は良くない父親の親会社の娘との見合い話も持ち上がっていました。

そんな時に戦国時代の大名のお殿様に「佐野厄除け大師」ならぬ佐野の
守り神によって憑依させられて佐野家の繁栄を頼まれます。苗字も違って、
大分遠い親戚で怪しげな話では有りました。

しかも主人公は歴史知識が無くて、織田信長が天下を取る程度の知識しか
有りませんでした。

関東管領の権威を持って上杉家の軍勢が迫れば上杉に降伏して、北条の
軍勢が迫れば再度寝返る蝙蝠外交を取り続けます。

特に上杉謙信は主人公の二股外交に怒って、「ぶっころす」と迫りますが、
山城の堅い守りと汚く笑いを誘う糞尿爆弾と手堅く戦う主人公を認めていきます。

更に内政までの知識は有りませんが、銅山開発に偽貨幣の鋳造と領内の
開発を行い鉄砲隊を組織していきます。

そんな主人公を「ゲキオコ」を繰り返しながらの認めて、上杉謙信は関東
の重臣
扱いをしてきます。

北条との関係にも苦慮する主人公ですが、勢力を伸ばす織田信長からも
臣下に付く事を迫られます。

歴史知識を持つ主人公は上杉謙信に織田信長の勢力に付く事を説得して
行きますが、室町幕府を妄信する謙信は拒否して東北攻略を始めて主人公
に軍勢の派遣を迫って来ます。

『面白さポイント』
憑依した大名家の家族や家臣が現代の家族やサークル仲間と同じ顔を
していて気が抜ける雰囲気が有りますが、戦国時代のシビアな情勢が
主人公に迫ります。

そこで歴史知識の少ない主人公ですが、銅山開発に貨幣鋳造とアイデア
を出して内政して、銃どころや大砲にも対抗出来る銅で覆った堅城を作り
上げて、中小大名としては最強の鉄砲隊を組織していきます。

上杉謙信が綺麗な女性なのも有って、覇者の織田信長との間で揺れ動く
主人公が面白く描かれます。

続きを読む >>

        
テーマ:織田信長の嫡男信忠が本能寺の変を生き延びた歴史IF
イメージ画像


タイトル:
乖離戦国伝
作者:藍上男
小説を読もう!リンク

分類:
戦国時代物小説
全記事一覧

お勧め内容:
『概要』
織田信長の嫡男信忠が本能寺の変を生き延びた後の歴史を描くのですが、
イケイケどんどんの展開とはなりません。

更に信忠を中心に語るのでもなく信長の意志を継ごうとする彼が良くも
悪くも信長の様になって行って、歴史の流れは史実に似通ってくる中で
独自の展開も見せ始めます。

信忠が生き残った歴史の流れを描いて、大筋では羽柴と徳川の対立
朝鮮出兵と動く戦国日本が語られます。

信忠による天下統一後に起こる大乱の模様が大きく取り上げられるので、
戦乱の様子を楽しむかが作品の評価を分ける気がします。

小説を読もう!感想リンク

スポンサーリンク


『スト―リ流れ』
明智光秀の部下に新たな人物が現れます。彼は本能寺の謀反を直前まで
知らされなかった事から明智光秀を裏切る決意をします。

明智光秀の軍勢だった彼は本能寺の変で織田信長が打たれるまで行動
の自由がありませんでしたが、織田家の嫡男信忠の救出に動きます。

彼によって一命が助かった信忠は、織田家の勢力を糾合して明智光秀
反乱を鎮圧します。

しかし信長の意志を継ごうとする信忠は、短気さや酷薄な面を見せて信長
の意志の海外雄飛へも取り組み始めます。

羽柴秀吉による天下統一は一旦は無くなりますが、明との交易を目指して
大陸に攻め寄せる信忠の野望は大きな大乱を招き寄せます。

小説を読もう!小説情報リンク

『面白さポイント』
信忠が織田家を引き継いでの雄飛とは成らずに、信長の独裁体質
引き継いでしまいます。

信忠の生存によっても歴史の大きな流れが史実に近づく過程に現実味
と失望を覚えますが、ここで歴史の流れを変えた元明智光秀の部下
だった彼や他の人物の新たな動きも出て興味を引きます。

海外雄飛に鉄砲の優位は有っても日本の限界を見せて、秀吉に家康
による天下取りとは別の可能性も思わせて面白くなっていきます。

続きを読む >>

        
テーマ:現代の廃村と戦国時代の村で交易して村興し
イメージ画像


タイトル:
戦国行商人
作者:弐仙人
作者様削除に寄ってリンク切れとなっています。2017/02/23

分類:
戦国時代物小説
全記事一覧

お勧め内容:
『概要』
戦国時代物なので戦国大名を想像しますが、現代と戦国時代で村興し
する神使いの主人公を描いていきます。

行商人となっていますので売り歩くのかと思いますが、戦国時代の村と
交易したり現代知識で農業振興をします。

戦国時代とは神気を持った主人公と神社の御神体の力で行き来しますが、
幼女の巫女に神が宿り狐耳に尾っぽのキャラクターが登場して、主人公を
サポートします。

スポンサーリンク


『スト―リ流れ』
天涯孤独と思っていた主人公は意外な遺産を相続する事になります。数百
億の資産ですが条件が有りました。

それは廃村となった村に住民を呼び戻して発展させて行くと言うものでした。
遺言には神社の復興も挙げられていて、改築した神社を訪れた主人公は
ご神体の銅鏡に触って戦国時代に飛ばされてしまいます。

飛ばされた戦国時代の村は神主の家系が村長や神主として村を治めていて、
主人公とも血のつながりが有るのでした。

そして神社を熱く信仰していて、神使いとして主人公も尊重されます。そこで
ご神体の力が失われて現代に帰れなくなるのですが、巫女が舞を踊って神
を宿して帰還の方法を告げます。

そんな経緯で神を宿した幼女でしたが、狐耳に尾を持つ狐っ娘の姿となって
幼女と共存していきます。

現代に帰還した主人公に巫女と神主の親子が巻き込まれて、神気がたまる
まで現代で過ごすことになっていきます。

神と主人公は神気のたまるのをまって戦国時代に定期的に行き来できる様
になるのですが、村の守り神な神は戦国時代の村の繁栄を望んできます。

そんな経緯で村興しの名物を求めて、戦国時代の村と交易を図りながら
両方の村の繁栄を図っていきます。

『面白さポイント』
狐っ娘な巫女の舞を名物にしての村興しや遺産相続の担当弁護士が、
ロリコンの変態紳士だったり幼女な巫女が可愛く神が宿った状態の
狐っ娘が現代に興味深々で、舞にダンスを取り入れたりアニメにハマっ
たりと楽しめせてきます。

更に戦国時代の村ですから主人公の元に村娘が夜這いに現れたり
戦国時代の有名人が登場してきたりタイムパラドックスに悩んだりする
面も見せます。

村興しに興味を惹かれながら狐っ娘な巫女に魅了されて、戦国時代
の人間模様に関わって行く主人公が楽しめます。

続きを読む >>

        
テーマ:里見家の戦い
イメージ画像
matsumoto castle - 松本城 / kanjiroushi


タイトル:
羽柴安房侍従 「秀吉の遺言」外伝
作者:鳥越 暁
小説を読もう!リンク

分類:
戦国時代小説
全記事一覧

お勧め内容:
『概要』
 「秀吉の遺言」の外伝となっていて、秀吉が後を託した武将の一人として
関東で唯一の豊臣勢力としての戦いを描いていきます。

江戸を中心として関東を抑える徳川家ですが、秀吉の遺言による情勢
変化で大阪の秀頼や信濃の真田に備える必要が有りました。

その情勢を利用して里見家の当主の義康は、所領を広げて大大名と
なって行きます。

33話が4月に更新されていますが、不定期更新となっていますので
ご留意ください。里見義康が千葉一円を抑えて大大名になるまでが
描かれています。

『スト―リ流れ』
館山城を本拠にする里見義康の元に、豊臣秀吉が突然訪れて子供の
秀頼と日本国の行く末を託されます。

秀吉の信頼に感動した義康は、徳川の根城である関東で豊臣の旗を揚げ
ていきます。

家康より命じられた宇都宮攻略を逆手にとって、徳川の城を奪取していき
ます。

また、里見は水軍も要していて徳川の物流を支える常陸の港を水軍を
使って砲撃します。

千葉一円を抑えて大大名となった里見義康でしたが、徳川の大規模な
反撃や謀略による内乱が起こっていきます。

『面白さポイント』
大型船や大砲の開発を禁じた徳川に対して鉄甲船や大砲を装備して
戦う里見家の様子に時代を切り開く武将という印象を受けていきます。

秀頼より預けられた水軍の武将や徳川家の重臣の息子ながら家を
出て里見に仕えている武将等についても取り上げられていて楽しく
読めます。。

更に徳川に戦いを挑んで領地を広げていく様子に爽快感を感じて
見てしまいます。



※「」内は本文からの引用です。
冒頭の絵や写真はイメージ画像です。作品とは関係ありません。


        
テーマ:豊臣秀吉が亡き後の天下の行く末を見通して後を託した者達による豊臣家の反撃
イメージ画像


タイトル:
秀吉の遺言
作者:鳥越 暁

無料小説サイト:
小説を読もう!リンク

分類:
戦国時代物小説
全記事一覧

お勧め内容:
『概要』
痛快な展開に胸のすく思いがします。関ヶ原の戦いに勝利をおさめた
徳川家康ですが、彼の行動は豊臣秀吉に予測されていました。

秀吉の遺言を託された、直江兼続と真田昌幸と前田利長が大阪城に
集います。更に淀君や秀頼も溺愛する母と暗愚な子供と思われていた
仮面をかなぐり捨てます。彼らも秀吉の遺言に従っていたのでした。

秀吉の遺言は子供を溺愛する愚かな母と愚鈍な息子を装えというもの
でした。そして遺言を託された者達の集結により歴史が動き始めます。

小説を読もう!感想リンク

スポンサーリンク


『スト―リ流れ』
関ヶ原の戦いが終わり徳川家の天下が始まっていましたが、密かに大阪
城に集う者達が現れます。豊臣秀頼も彼らの登場により愚鈍な振りをかな
ぐり捨てていきます。

大阪城の強化と兵の増強を家康を欺いて進めていきます。徳川秀忠に
征夷大将軍が朝廷より授けられますが、秀頼にも関白位が与えられます。

そして信濃の地での反徳川の狼煙が挙げられます。そこには毛利家による
第三局も登場してきます。

戦線は膠着状態となり数年が過ぎる事となりますが、時間は秀頼の味方でも
ありました。聡明な若武者となって秀頼は豊臣の総大将として手腕を発揮させ
始めます。

そこには秀頼により織田家の再興を託された、信長の嫡男信忠の子の織田
秀則がいました。そこに雌雄を決すべく徳川家の大阪城攻撃が始まっていき
ます。

小説を読もう!小説情報リンク

『面白さポイント』
無理な展開にならずにケチな徳川家康による領地替えで、糧食の不足による
早期反撃できない事や大阪城の内通者のあぶりだしによる密かな兵力増強と
自然な流れで違和感が有りません。

更に聡明な君主となる豊臣秀頼と淀殿の変わりようが、進取の若君と吝嗇で
老齢の家康との対比が見られて、新たな時代の流れを感じさせます。

着実に進む豊臣の復権や織田家の再興が描かれたり、豊臣恩顧の大名達の
去就と興味深い展開も有り楽しめます。

続きを読む >>

        
テーマ:戦国時代の波乱人生
イメージ画像
Samurai on Guard / rumpleteaser


タイトル:
変節
作者:北角 三宗
小説を読もう!リンク

分類:
戦国時代物小説
全記事一覧

お勧め内容:
『概要』
南奥州塩松の筆頭家老大内氏の嫡男である主人公は、主家
の石橋氏の婿養子に迎えられます。しかし年老いた石橋家
当主に男の子が誕生した事により廃嫡されてしまいます。

実家に戻された主人公は臣下に戻り、忠義を尽くしている様に
見えますが内心は伺えません。そして石橋氏の嫡子を生んだ
妾の実家が謀反を起こして滅びます。

後ろ盾を失った幼い当主の今後はどうなるのか、そして一見
忠臣に見える主人公は何をなしていくのか、南奥州での戦国
時代の始まりに合わせた主人公の生きざまが語られます。

『スト―リ流れ』
筆頭家老の嫡男として武術や知識を学ぶ主人公ですが、父
からは更なる精進を求められるので、隔意を抱きつつ有りま
した。

そんな主人公に主家の婿養子に迎える話が持ち上がります。
主家の娘と婚姻を結んで、当初は主家の当主に可愛がられ
た主人公ですが、男の子が生まれなかった当主に子が生ま
れた事により廃嫡されてしまいます。

実家に戻された主人公ですが聡い主人公は己を貫いて生き
ます。嫡男を生んだ妾の実家を、謀反の疑いをかけて滅ぼし
てしまいます。

更に当主の娘を生んだ家と図り当主の暗殺と他勢力への
臣従を企てます。進退に困った主家の一門により幼い嫡子
は連れだされていきます。

臣従した勢力により元主家の領域を任される事になります。
しかし臣従した勢力では、蔑んだ扱いを受けていました。
主人公は忍従をしながら機会をうかがうのでした。

『面白さポイント』
父とのすれ違いや主家の婿養子に迎えられて後に廃嫡され
る等の波乱に感情移入してしまいます。

また、婚姻を結んだ主家の姫は平凡な容姿に病弱な体という
世間では醜女と言われかねない人でした。そんな嫁とは当初
は覚めた関係から徐々に睦んでいく様子に心打たれます。

決して甘い愛情が語られませんが、主家が滅んだ後も彼女を
気遣う様子に何とも言えない感情の高鳴りを感じます。

そして廃嫡された主家を乗っ取った主人公ですが、戦国時代
は更に過酷な運命を主人公に求めていき興味を引きます。



※「」内は本文からの引用です。
冒頭の絵や写真はイメージ画像です。作品とは関係ありません。


        
テーマ:戦国時代の若武者
イメージ画像
龍野城 (Tatsuno Castle in spring) / cyber0515


タイトル:
広島幕府は突然に~宮﨑義忠英雄伝~
作者:ルビー
運営削除に寄ってリンク切れとなっています。2017/02/21

分類:
戦国時代物小説
全記事一覧

お勧め内容:
『概要』
毛利一門の「宮崎家」に現れた子供といってよい年齢の若武者に
よって、毛利家の運命が大きく動き始めます。

天下分け目の関ヶ原の合戦に負けた西軍の大将毛利輝元は、
敗戦を受けて今後の方針を軍議で話し合っていました。

そこで毛利家が徳川家に滅ぼされるくらいなら、もう一度関ヶ原での
再戦を「宮崎家」の若武者が提案してきます。

提案した若武者を総大将として関ヶ原に送って見事に家康の首を
挙げる大勝利となります。

一気に毛利の天下が近づきますが、前田家と徳川家残党の蜂起に
よって危機に陥ります。しかし主人公はここで負けてしまいます。

そして敗戦の責任を取って若武者は幼い豊臣秀頼の遊び相手を
言いつけられるのです。

前田家による危機が迫って再戦に狩りだされますが、再度負けて
しまいます。しかしここから若武者の反撃が始まります。

『スト―リ流れ』
毛利一門「宮崎家」の元服前の若武者に、毛利家の姫との婚姻
持ち上がります。婚姻を断りに毛利輝元の元に出向いた主人公は、
大阪城に出向いての初陣を命じられる事になります。

関ヶ原で敗戦した西軍の軍議で再戦を提案して、総大将を命じられた
主人公は見事に家康の首を取る殊勲を挙げます。

そこで大名にとりたてられた主人公ですが、前田家の蜂起では負けて
しまって謹慎処分となります。

そこからは秀頼等と子供らしい日常を過ごしますが、前田家の軍勢
迫って来て再戦する事に成ります。

『面白さポイント』
子供と言える年齢の主人公ですが初陣で大功を挙げます。しかし
チート等は無いので不利な局面で負けてしまいます。

しかし武将として高い力量を持つ主人公は数々の戦いで戦功を挙げて、
広い領地を得ていく様子が楽しめます。

若くして迎えた嫁の姫に尻に敷かれている様子や秀頼の幼い側近との
子供らしい様子も描かれて面白いです。そんな主人公が合戦では活躍
する様子に興味を惹かれます。



※「」内は本文からの引用です。
冒頭の絵や写真はイメージ画像です。作品とは関係ありません。


        
テーマ:戦国時代の若武者
イメージ画像
鎧武者 / misooden


タイトル:
家記―繋ぐ物語―
作者:春賀てる
小説を読もう!リンク

分類:
戦国時代物小説
全記事一覧

お勧め内容:
『概要』
戦国時代の弱小大名「宮本家」の物語です。登場する
戦国武将は架空のものとなります。

登場人物こそ架空のものとして書かれていますが、
内容は宗家を牛耳ろうとする分家の叔父と主人公
宗家の三男とを軸に戦国武将の行き様が語られて
いきます。

『スト―リ流れ』
元服したばかりの若武者に両親から呼び出しがあり
ました。そこで父親の引退と分家の叔父に牛耳られよう
としいる宗家の状態が分かります。

父の引退は病気とこの現状への最後の抵抗となるもの
でした。強い決意の元に臣下を集めて引退が告げられます。
そこでは父親の最後の意地が見せられます。

波乱を含みながら引退が行われた後に、いよいよ叔父が
動きだします。それは母の実家を滅ぼされた怨みを持つ
敵との戦闘というものでした。

叔父との争いが始まる中で提案された戦いの意図とはと
波乱の展開が語られていきます。

『面白さポイント』
元服したばかりの若者の厳しい現状の把握から始まり、
主人公の憤りに共感していきます。

力の無い宗家の三男という弱い立場の主人公が、
どの様に家を盛りたてて行くのかが気に成ります。
若者らしい素直な感情に引きつけられます。



※「」内は本文からの引用です。
冒頭の絵や写真はイメージ画像です。作品とは関係ありません。


        
テーマ:戦国時代の麒麟児
イメージ画像
戦国武将 / atk1983


タイトル:
六角異聞
作者:玄真玉虚
小説を読もう!リンク

分類:
戦国時代物小説
全記事一覧

お勧め内容:
『概要』
近江の戦国武将六角氏の当主に、史実に存在しない弟
がいて活躍したらが語られます。知識や力のチート要素は
無い本格的な戦国時代物語です。

戦国時代の乱世に生を受けた主人公です。元服間も無く
反乱の鎮圧にあたる事になり頭角を現します。

室町幕府の将軍が襲撃されて死亡します。兄弟の将軍
候補が生き残り六角氏で保護する事になりますが、前当主
が独断で他の敵将軍候補を推す勢力と密約
を結んでしま
います。

『スト―リ流れ』
六角氏の前当主の弟が元服します。新しく城を任されて
直ぐに、重臣を六角氏新当主が殺してしまい反乱騒ぎと
なります。

六角氏の居城まで落とされてしまいます。幸い当主達の
生命は助かります。しかし隣国の浅井氏が呼応して攻め
寄せます。

絶対的な危機状況で元服間もない主人公が活躍して反乱
を納めていきます。押し寄せた浅井氏も交渉で退かせて
危機を防ぎます。

室町幕府の将軍が襲撃されて殺されてしまいます。襲撃
から逃れた兄弟を匿って新たな将軍候補につきますが、
さらに難題が発生してと続きます。

『面白さポイント』
主人公は史実には存在しませんが、本格的な戦国時代
の物語となっています。主人公の存在が史実と異なる
だけで知識も力もチート等はない戦国武将の活躍
楽しめます。

元服間もない主人公ですが、器量や度胸も申し分なくて、
六角宗家の不甲斐なさが目立ちやきもきします。主人公
の活躍を応援する気持ちで熱くなります。



※「」内は本文からの引用です。
冒頭の絵や写真はイメージ画像です。作品とは関係ありません。


        
テーマ:戦国時代の軍師
イメージ画像
戦国武将 / atk1983


タイトル:
豊右府末裔顛末記
作者:蓬莱伊織
小説を読もう!リンク

分類:
戦国時代物小説
全記事一覧

お勧め内容:
『概要』
竹中半兵衛の弟子といえる武将がいました。豊臣
秀吉に仕えて、後に徳川家康に使える事になり
ます。

秀吉からは冷遇されていましたが豊右府末裔を
匿いつづける事になります。

大名家の起こりが戦国時代から語られます。豊右府
末裔を匿うという内容よりは戦国武将の話しといえ
ます。

『スト―リ流れ』
鎌倉幕府の北条家に連なる一族ですが、子供の1人が
一族として生き残った主人公がいました。

豊臣秀吉に仕えて竹中半兵衛の元で学んでいきますが、
秀吉に名を与えられる事を北条家に連なる一族として
断った事で、秀吉からは冷遇される事になります。

秀吉の嫡子でしたが織田信長の四男だった主人の家老
に任命されたり毛利家と九州を分ける国の大名に任じら
れる等の難しい立場を過ごしていました。

更に縁あって徳川家康と織田信長の孫に当たる姫
結婚をします。

『面白さポイント』
当初は豊右府末裔を長年に渡り匿った事に興味を持ち
ましたが、主人公の難しい立場に引き込まれます。

秀吉に仕えながら家康の孫と結婚しているという難しさ
があります。そこを竹中半兵衛の弟子ともいえる知恵で
難しい戦国時代を渡るさまに興味を持ちます。



※「」内は本文からの引用です。
冒頭の絵や写真はイメージ画像です。作品とは関係ありません。


        
テーマ:戦国時代の姫武者
イメージ画像
八幡原古戦場 上杉謙信像 / MACHIDA Hideki


タイトル:
越後の虎
作者:立道智之
小説を読もう!リンク

分類:
戦国時代物小説
全記事一覧

お勧め内容:
『概要』
越後の国では内乱で疲弊していました。守護代は
優柔不断で国人衆から信頼されていなにので、
国が荒廃しています。

そこへ守護代の妹の活躍が始まります。女性で
ありながら元服し長尾影虎と名乗ります。彼女の
元で、不敗と噂の戦いが行われます。

上杉謙信となる長尾影虎が女性だったらとの前提
で歴史が語られていきます。

『スト―リ流れ』
寺で隠棲していた守護代の妹の主人公に、兄から
婚姻の話が舞い込みます。話を聞くために城に向
かった主人公ですが、謀反が起こりあっさり落城し
てしまいます。

味方の砦へと脱出した主人公は、女性ながら謀反
の軍勢を迎え撃つ総大将となるのです。

武勇の勇者や主人公の采配もあって、居城を取り戻す
事に成功します。謀反を起こした黒幕とも戦い勝利し
ていきます。

優柔不断な兄に変えて主人公を守護代にと望む勢力が
多くなりと続きます。

『面白さポイント』
上杉謙信の歴史の歩みを主人公が女性という設定で
語られます。女性である事を隠してとかの陰謀論では
ないので、堂々と主人公の活躍が語られていきます。

更に長年の争いで荒れた国を財政難から立ち直らせ
なければいけません。そして北条や武田との争いも
予想されると興味を引いて、今後の展開が楽しみに
なります。



※「」内は本文からの引用です。
冒頭の絵や写真はイメージ画像です。作品とは関係ありません。


        
テーマ:戦国時代の軍師
イメージ画像
+ / Nisa Yeh


タイトル:
王佐の才
作者:堀井 俊貴
小説を読もう!リンク

分類:
戦国時代物小説
全記事一覧

お勧め内容:
『概要』
名軍師竹中半兵衛の活躍を豊臣秀吉の弟の秀長
視点で描いています。秀長に改名前の木下小一郎の
時代から語られます。

織田信長による攻略前の美濃を支配していた斎藤家
稲葉山城を、主君をいさめる為に謀略で乗っ取ると
いう手腕を竹中半兵衛は見せてきます。

主家の斎藤家は滅びて行きますが、秀吉の下での竹中
半兵衛の活躍
が語られます。、

『スト―リ流れ』
木下小一郎が兄の秀吉を訪ねると、織田家が攻略中
の美濃の斎藤家の居城である稲葉山城を、謀略で落
とした竹中半兵衛の話がされていました。

謀略により少ない人数で城を攻略してしまったのです。
更に信長からの勧誘を主家を諌めるためにしたのだと
言って稲葉山城の開城と士官を断ります。

これらが信長の裏切り者を許さない性質や美濃の行く
末を見通した行動だと分かって感心させられます。

後に師匠として竹中半兵衛を迎えると、兄の秀吉に
言われる事になります。そこから小一郎視点での
半兵衛の活躍が語られていきます。

『面白さポイント』
名軍師竹中半兵衛の策を秀吉等の言葉を通して
説明されるので、聞いていて好奇心が満たされます。

名軍師竹中半兵衛という織田信長や秀吉をメイン
として描かれる作品ではなく、半兵衛の活躍が描か
れるのも興味深いです。



※「」内は本文からの引用です。
冒頭の絵や写真はイメージ画像です。作品とは関係ありません。


        
テーマ:戦国時代の豊臣秀頼
おんぶ大将〜豊臣秀頼伝
大阪城公園 (17) / eddyhsu


タイトル:
おんぶ大将〜豊臣秀頼伝
作者:羅都鬼
小説を読もう!リンク

分類:
戦国時代物小説
全記事一覧

お勧め内容:
『概要』
太閤豊臣秀吉が亡くなり1年後に、石田三成と徳川家康による代理の
天下分け目の決戦が行われようとしていました。そんな時に8才の
子供の豊臣秀頼に主人公がなっていました。

毛利輝元を説得して出陣しようとしますが、残念ながら西軍の石田三成
が負けてしまいます。そこで主人公は石田三成と徳川家康との私戦
として一時的に難を逃れます。

更に秀吉の妻により徳川に付いた秀吉子飼いの武将を説得させようと
動き始めます。そして九州の大名を味方に付ける事を考え付きます。

幼い豊臣秀頼となってしまった主人公が、豊臣の滅亡を回避するのに
活躍していきます。

『スト―リ流れ』
2年近く引きこもっていた主人公が図書館に行く気を起して外出すると
トラックにはねられて死亡してしまします。

気が付くと女性に囲まれていています。確認していくと大阪城にいて
太閤豊臣秀吉の子供の豊臣秀頼となっている事が分かります。更に
秀吉は既に死亡していて石田三成と徳川家康による決戦が行われ
ようとしているのです。

豊臣秀頼の将来を知っている主人公は破滅を回避する為に行動し
ます。軍資金が有る事は分かったので、鉄砲も扱える親衛隊を組織
して訓練します。

毛利輝元を説得して少ない軍勢で出陣をしますが、西軍は負けてしま
います。そこで知らない振りをして私戦として処理をして事を納めよう
とします。

秀吉の妻だった高台院から福島正則を説得してもらう為に、高台院を
訪れた主人公でしたが彼を召喚したのが彼女の侍女である事が
分かります。

そこで新兵器の開発や九州の大名を味方に付けようと旅立ちますが
大阪城が徳川家康に落とされてしまうのです。

『面白さポイント』
太閤豊臣秀吉の8才の子供という設定がまず面白く感じます。そして
溌剌と活動を始める主人公が興味を引きます。

鉄砲を重視したり大砲のような新兵器を開発する様子に関心が
湧いてきます。さらに九州に出かけますが肝心の大阪城が落ちて
今後どうなるのかと次の展開が楽しみです。



※「」内は本文からの引用です。
冒頭の絵や写真はイメージ画像です。作品とは関係ありません。


        

スポンサーリンク


【面白いネット小説お勧め記事】

【小説を読もう!更新情報】
全記事一覧
最新記事
人気記事
プロフィール

yuki.kk

Author:yuki.kk
読書好きの男性です。
活字中毒ぎみなので、
無料で読める小説も
数多く読んでいます。

そこで読んで面白かっ
た作品をご紹介します。

恋愛やファンタジーや
百合やTSや推理や
戦争と幅広く読んで
います。

ブログランキング
小説(読書感想) ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
FC2ランキング
PVランキング
RSSリンクの表示
日本ブログ村
スポンサーリンク
小説家になろう公式
カテゴリ
スポンサーリンク
検索フォーム
リンク
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。