【小説紹介サイトお勧め》】

スポンサーリンク

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        
テーマ:フランス外人部隊に強制徴募された日本人大学生のミリタリー人生
最強の鑑定士って誰のこと?~乙男の異世界生活~


タイトル:
レジオネール戦記
作者:○○将軍様
レジオネール戦記・序編小説を読もう!リンク
レジオネール戦記小説を読もう!リンク
レジオネール戦記・第三次ニカラグア内戦小説を読もう!リンク
レジオネール戦記・煽動編小説を読もう!リンク
レジオネール戦記・亡命編小説を読もう!リンク
番外編
レジオネール戦記・IF・日本国防軍候補生小説を読もう!リンク
レジオネール戦記・IF・日本国防軍司令官小説を読もう!リンク
レジオネール戦記・IF・継承者小説を読もう!リンク

分類:
現代戦争物小説
全記事一覧

お勧め内容:
『概要』
憧れちゃうだって男の子だもんと言う感じで、大学生の主人公が現代戦
戦う兵士から司令官となって国際紛争の場で活躍します。

中東レバノンの宗教武装組織やアラブの春やアフリカの民族紛争と耳に
した事が有る国際紛争が舞台として描かれます。

内容としては本格的と言うか臨場感の有る紛争の場で陸戦での二等兵
としての活躍から士官や将として、私兵団を率いて理想を実現する戦いが
語られます。

しかし軍事サスペンス物に在りがちな堅い文章や良く分からない国際情勢
では無くて、軍事教官やコマンド部隊長や司令官として赴任した主人公が
戦う解放戦や内乱や隣国の侵略の情勢が分かり易く描かれます。

そして人々が未来を見て安心して暮らせる世界を目指した主人公が、各国
の首脳達の知遇を得て財力も所持しての活躍を描く英雄譚ですが、安易な
内容や展開とならずに興味を引く本格派となっています。

シリーズ物と成っていて数十話から数百話の作品が年代順に描かれる
構成で、内容と量ともに読み応え十分です。

小説を読もう!感想リンク

スポンサーリンク


『スト―リ流れ』
海外旅行中の大学3年生の主人公は、酒場で酔わされてフランス外人部隊
の入隊契約書にサインしてしまいます。

厳しい新兵訓練に実戦へと向かう主人公ですが、恵まれた身体と指揮官に
必要な発想に恵まれて下士官として昇進して行きます。

しかし横暴な上官との対立等によって外人部隊を去る事になります。テロ
リスト拠点の破壊等の傭兵活動も行いますが、軍事教官として外国の
正式な士官となって独裁国家の解放戦や内乱を戦いアフリカや中南米の
指導者の信頼を得て将となり司令官にも任じられます。

更に貧困に苦悩する地域の救済を図って、鉱山利権を得た事から巨万
の富を得て
理想を実現する私兵団を立ち上げて行きます。

小説を読もう!小説情報リンク

『面白さポイント』
一兵卒から将と成る英雄譚ですが、ちゃちな戦闘や活躍では無い本格的な
戦闘や国際紛争
を描いて行きます。

唐突に主人公の活躍が描かれると良く分からずに物語に入り込めない所
ですが、新兵としての訓練が描かれる序章から始まって自然に主人公に
感情移入できます。

特に日本国防軍編が気になる所ですが番外編と成っていて、最初は同窓会
の様な内容で親しんだキャラが現代の日本で活躍するのに懐かしさを感じ
ますが順に読むとストーリーが飛ぶ気がします。しかし主人公の後継者の女
の子
が描かれて、その魅力にハマって行きます。

尚、シリーズに転生編が有るのですが高校生時代を描いていて、軍事の
他作品とは毛色が違うのでリンクからは省いています。

続きを読む >>

スポンサーサイト
        
テーマ:ユーモラスな3頭身の小太り家事型女の子ロボットが特殊部隊として活躍
突撃!! AHOの子ロボ分隊!


タイトル:
突撃!! AHOの子ロボ分隊!
作者:高階 桂
小説を読もう!リンク

分類:
現代戦争物小説
全記事一覧

お勧め内容:
『概要』
小説のご紹介ですが想像力を広げないで下さい。お嬢様や天然元気娘や
爆弾好きな女の子達の特殊部隊が女の子らしいノリの会話を繰り広げ
ながら活躍しますが、実際は小太り3頭身の家事型ロボットで高度なAIを
誇りますが雪だるまの様な直線眉毛に丸目と空いたままの口のユーモラス
な外見です。

彼女達は家事兼哀願用として開発されたロボットで、ユーモラスな外見や
型番からAHO(アホ)の子ロボと通称されています。

楽し気な女の子のおぶざけのボケとツッコミの会話を繰り広げますが、映像
を想像してしまうと髪型と服装のみ女の子らしくて首の無い三頭身の小太りな
ロボット達
です。

そんな彼女たちがノリの良い楽し気な会話を繰り広げながら紛争や人質事件
にと軍事サスペンスの現場で活躍して行きます。

怒られそうですが軍事サスペンスの部分は好みが分かれると言うかユーモラス
な彼女たちの会話と活躍のみが楽しみで、軍事サスペンスの部分は興味を
持たなかったのですが段々に面白い様な気がしないでもなくはないと感じて
きました。

小説を読もう!感想リンク

スポンサーリンク


『スト―リ流れ』
平凡なサラリーマンですが高度なAIを搭載した家事兼哀願ロボットの所有者
の元にロボットの徴兵の連絡があります。

彼はロボットを手に入れるのに、有事にはロボットの徴兵を行う代わりに
補助金が出る制度を利用していたのです。

ユーモラスな外見でドジっ子機能も搭載された彼女たちは、型番をもじって
アホ(AHO)の子ロボと呼ばれていて平凡ながら主人に愛される日常を
送っています。

そこに核の脅しを伴った紛争が日本に降りかかって、主力の戦闘ロボット
の補助として彼女達が招集されたのです。

しかし外見に関わらずに高度なAIを搭載する彼女達は、紛争で功績を挙げ
て評価されて行きます。

活躍から大使館人質事件でも結果を残して、外国のエージェント達からも
信頼を受けてテロで使われた化学兵器の密造国への潜入へと応援を
頼まれて行きます。

小説を読もう!小説情報リンク

『面白さポイント』
絵面を想像しないと楽し気に少女達が会話を繰り広げながら特殊作戦で
活躍する様子が描かれて楽しめます。

高度なAIを誇るだけに巻き毛のお嬢様で冷静な指揮官やTV好きでアニメ
や映画の話題が豊富なボケ役や爆破好きと個性豊かな女の子ロボットが
活躍します。

敵対勢力には貨物や邪魔者扱いされる彼女達ですが、仲間やご主人から
微妙ですが女の子扱いされる様子に笑わされたりや温かい気持ちが湧か
されます。

時折見せるご主人様への忠誠からひいては日本への忠誠と特殊作戦で
見せる心意気にもロボットながら感動します。

続きを読む >>

        
テーマ:現代の日中戦争
イメージ画像
www.Army.mil / The U.S. Army


タイトル:
日本防衛戦! ~中国の西太平洋侵攻~
作者:二等兵さん

無料小説サイト(『小説家になろう』):
小説を読もう!リンク

分類:
現代戦争小説
全記事一覧

お勧め内容:
『概要』
華々しい戦果と卓越した軍師などは無い、現代の戦争
描いていきます。安易な展開は描かれずに現実の起こ
りえる戦いを描いていきます。

尖閣諸島を巡る日中の争いが、民間人に扮した中国軍の
攻撃で本格化していきます。核も含めた陸海空の戦いが
描かれていきます。

全44話で完結済みとなっています。安易な大戦果や勝利
では無い現代戦の推移に興味が湧きます。

『スト―リ流れ』
海上自衛隊基地への民間船を装った攻撃から日中関係は
悪化の一途をたどります。

それは中国艦隊の集結から与那国島への潜入兵士の攻撃
に始まり同島への上陸作戦となって現れます。

民間人にまぎれた攻撃により対処が遅れた自衛隊は大きな
損害
を出してしまいます。

しかし反撃を開始した海上自衛隊との戦いにより中国艦隊も
大きな被害を受けていきます。

正面切った支援ができないアメリカの特殊部隊の投入等の
反撃も始まりますが、日本への核攻撃が行われてしまいます。

それでも日本やアメリカの特殊部隊の反撃の成果は大きく
一時休戦となっりますが、再び戦いが始まりと続きます。

『面白さポイント』
ストレス発散ができる安易な展開も面白いですが、実際に
起こりえる戦い
を見ていくのも興味深いものが有ります。

安易な勝利が無い為に大被害も受けます。戦いの過酷さ
描かれます。そんな現代での戦争をが描かれます。



※「」内は本文からの引用です。
冒頭の絵や写真はイメージ画像です。作品とは関係ありません。


        
テーマ:現代戦-混迷の中国
イメージ画像
Navy destroyers underway in the Pacific. / Official U.S. Navy Imagery


タイトル:
『やまと』 ~戦乙女との現代戦争奮戦記~
作者:Sky Aviation

無料小説サイト(『小説家になろう』):
小説を読もう!リンク

分類:
現代戦争物小説
全記事一覧

お勧め内容:
『概要』
勃発した朝鮮戦争を教訓に憲法改正を行い自衛隊を国防軍
とした日本ですが、国防の為の軍備しか保持していません
でした。

そんな日本で大型ミサイル巡洋艦「やまと」が就役します。
「やまと」航海科に属する主人公は、「艦魂」という存在が
見えるようになります。

「やまと」以外の「艦魂」も現れましたが、平和な訓練の日々
を送っていました。

しかし経済危機に陥った中国が日本やアジア周辺国への
侵攻を計画している事が分かります。

「やまと」を含む艦隊が九州方面に集められていきます。
そして主人公達は戦いに向かう事になります。

『スト―リ流れ』
第二次大戦末期に沖縄への特攻出撃をした大和は、
最後の時を迎えようとしていました。そんな乗務員には
最後に「艦魂」が見える者も現れます。

そして大和の「艦魂」は意識を失いますが、新たに気が
付くと新型ミサイル巡洋艦「やまと」の「艦魂」となって
いました。

彼女の乗組員には旧大和乗組員の孫も所属していま
した。そして彼も「艦魂」が見えるようになっていきます。

しかし政治情勢は大きな転換を見せていきます。経済
破たんに陥った中国により日本やアジア周辺国への
侵攻
が迫っていました。

そして「やまと」や主人公達は戦争へと巻き込まれて
いきます。

『面白さポイント』
艦魂」とかはちょっと苦手なのですが、ほほえましい交流
を描いていて気にはなりませんでした。

そして緊迫を増す政治情勢に興味を引き付けられます。
そこで始まる現代の戦争の様子に興奮を覚えます。

政治情勢や現代戦が描かれていきます。その様子を
手に汗しながら読み進めてしまいます。



※「」内は本文からの引用です。
冒頭の絵や写真はイメージ画像です。作品とは関係ありません。


        
テーマ:真の独立を目指して集結する艦船
イメージ画像
The Mighty MO / Prayitno / Thank you for (5 millions +) views


タイトル:
70年の時を越え、今再び
作者:フェルミ
小説を読もう!リンク

分類:
現代戦争物小説
全記事一覧

お勧め内容:
『概要』
艦魂」という船の精神が具体化した少女達が登場して
きます。「艦魂」はちょと苦手なのですが本作品ではあまり
気になりません。

記念艦戦艦三笠を中心として、第二次大戦で沈没した海軍
艦艇
が沈没地点から出現して日本にやってきます。

彼女達は不甲斐ない現状を憂えてやってきたのでした。
日本は国民投票により彼女達を受け入れて、真の独立
目指します。

『スト―リ流れ』
第二次世界大戦での日本海軍の軍艦の沈没地点から異常
なエネルギー反応が起こります。そして記念艦三笠も無人
で動き始めます。

艦艇には「艦魂」という艦船の精神が宿っていて、日本の
現状を見かねて集結したのです。そして日本は彼女達を
受け入れて再武装をしていきます。

第二次大戦の艦艇の近代化改装も行いますが、量子コン
ピュータの実用化やレールガンの開発と新戦闘機の配備

と全体的な軍備が整えられていきます。

そして特亜との戦争などが勃発していくのです。戦闘に勝利
する日本ですが、アメリカは日米安保の解消や在日米軍の
撤退等の背信行為を行ってきます。

そして遂にハッキングによる中国の核ミサイルを日本へ向け
発射させるのでした。日本による報復攻撃も行われますが、
それは欧州での争いも含めた第三次大戦の引きがねとなっ
て行きます。

『面白さポイント』
「艦魂」というものに馴染めない方もいると思いますが、本作品
では気にならない内容となっています。そして集結する戦艦や
空母等の多数の艦隊
にワクワクします。

そして登場する新兵器の数々や揺れ動く国際情勢と楽しめる
内容が展開されていきます。



※「」内は本文からの引用です。
冒頭の絵や写真はイメージ画像です。作品とは関係ありません。


        
テーマ:護衛艦の艦長を中心に海上自衛官の非日常な日常
イメージ画像


タイトル:
護衛艦奮闘記
作者:SHIRANE

無料小説サイト:
小説を読もう!リンク

分類:
現代戦争物小説
全記事一覧

お勧め内容:
『概要』
ヘリコプターてエンジン止まってから無事に着陸できるんだと感心しました。
この様な護衛艦での日常が描かれていきます。

護衛艦では主として訓練の日々が続いていきます。ミサイル演習や防火
訓練に弾道弾の撃墜訓練と続いていきます。場合によっては災害訓練に
参加する事も有ります。

劇的では無いという感想を抱いてしまう程、訓練と実戦の日常が交錯し
ます。領海侵犯する不審船との戦闘もありますし、人命が掛かる海難事故
への対処もあります。

艦で発生する漏電事故等も起こってきます。深くは考えていなかった海上
自衛隊や護衛艦の日常が語られます。

全47話あって最終章が執筆予定となっていますが、しばらく更新が止まっ
ています。ですが各章でストーリーは独立していて、章完結までは更新され
ていますので中途半端にはなりません。

小説を読もう!感想リンク

スポンサーリンク


『スト―リ流れ』
護衛艦の艦長に主人公が任命される所から語られていきます。英雄でもなく
て飛び抜けた才能を見せるわけでは有りませんが、落ち着いていて標準以上
の指揮能力を感じさせます。

護衛艦の艦長として訓練の日々が語られていきます。しかし、日常に不審船
との銃撃戦や海難事故の救助
と生命に係わる事柄が発生してきます。

そんな護衛艦は内閣の決定により海賊対策の為に海外へ派遣される事に
なります。

小説を読もう!小説情報リンク

『面白さポイント』
普通ですが標準以上の指揮能力を感じさせる落ち着いた艦長の主人公に
共感めいたものを感じます。

そして漠然と訓練してるんだろーな程度の理解だった、護衛艦乗り組み員の
日常や大変さが理解できます。人命に係わる日常なのです。

専守防衛は分かりますが撃たれるまで反撃できないし、反撃も許可がいる
現場の人達の状況が分かります。

続きを読む >>

        
テーマ:時を超えた戦艦の帰還と戦い
イメージ画像


タイトル:
時を越えた戦艦
作者:野上涼香

無料小説サイト: 
小説を読もう!リンク

分類:
現代戦争物小説
全記事一覧

お勧め内容:
『概要』
時を超えた戦艦の帰還は新たな戦いの序章でした。第二次大戦にて
沈没した戦艦武蔵が、突如として浮上してきます。

日本は戦艦武蔵を回航して整備する事にします。そして戦艦の帰還と
合わせて朝鮮半島国家との戦いが始まっていきます。

戦艦の配備はミサイルや航空機万能の流れに対して一石を投げかけ
るものでした。強固な防空能力と防御力を持つ戦艦は航空攻撃に対
して十分な対抗手段を持つ事になります。

そして日本は戦艦の帰還に会わせて行われた朝鮮半島からの攻撃に
合わせて、戦艦や空母の大量建造に乗り出していく事になります。

途中でイスラエルで戦う民間軍事会社が出てきたり、一話あたりの文章
量が少なくなったりしますが、軽快な乗りの良い展開を楽しく読み進めら
れます。

小説を読もう!感想リンク

スポンサーリンク


『スト―リ流れ』
遠い戦場に沈んだ戦艦武蔵が、沖縄付近に一部の構造物を浮上させて
現れます。日本は戦艦の回航と配備を決定していきます。

これらを背景に朝鮮半島の国家からはミサイル攻撃が行われて、某お花
畑野党の議員の妨害
により護衛艦が防衛行動を取れずに沈没してしま
います。

迫る危機に日本は憲法の改正と戦艦や空母の大量建造に着手していき
ます。そこで朝鮮半島の国家との戦闘が始まっていくのでした。

小説を読もう!小説情報リンク

『面白さポイント』
極端な航空優勢やミサイル万能が戦艦の強力な防空能力や強固な防御
力により見直されていきます。

そしてロシアと結ばれた平和条約や戦艦を中心とした海軍力の拡張により
優勢な戦いが繰り広げられるのを楽しめます。

第二次大戦の兵器や技術を現代に応用した戦いが行われるのも楽しくて
興味を惹かれます。

続きを読む >>

        
テーマ:緊迫するアジアの日中と現代兵器を用いた戦い
イメージ画像


タイトル:
亜細亜大戦2040~未来への戦い~
作者:相川雄樹

無料小説サイト: 
小説を読もう!リンク

分類:
現代戦争物小説
全記事一覧

お勧め内容:
『概要』
アメリカの軍備縮小と中国やロシアの軍拡は、アジアに緊張をもたらして
いきます。

尖閣諸島での衝突は国家間の戦いへと進んでいきます。宣戦布告され
たのに、戦争は人道にもとるとお伽噺を唱える野党は国民からも乖離し
ていきます。

そして大きな海戦へと進んでいきます。初戦にて勝利をおさめますが、
終戦とはなりません。更に中国と紛争を抱えているのは日本だけではない
のです。ベトナムも港湾を閉鎖されているのでした。

シーレーンへの攻撃もありベトナムと共闘していく事になります。更に紛争
は台湾にも波及していきます。

小説を読もう!感想リンク

スポンサーリンク


『スト―リ流れ』
尖閣諸島を哨戒中の護衛艦が中国の潜水艦より雷撃を受けます。更に
外交ルートで抗議を行なう日本に、理不尽な要求が突きつけられて開戦
する事になっていきます。

アメリカの軍備縮小に合わせて日本も空母を装備する様になっていま
した。その日本空母艦隊と中国の「北海艦隊」の空母艦隊との海戦が戦わ
れます。

初戦に勝利した日本ですが中国の他の艦隊は存在していて、終戦にはなり
ません。そして中国は日本のシーレーンを脅かしてきます。

日本は同じく紛争当事国のベトナムに、港湾の提供と引き換えに港湾を
不当に閉鎖している艦隊との共闘を提案していきます。

更に中国の恫喝は台湾にも及んでいきます。これら三国は防衛協定を
結んで戦う事になります。

小説を読もう!小説情報リンク

『面白さポイント』
強大な軍備は有りませんが、空母なども装備した日本の戦いに興味を引き
付けられます。

荒唐無稽な新兵器のチートは無い、現代戦が戦われていくのを見ることが
できます。

更に当事国やアメリカの思惑などの政治情勢も面白さを感じます。日米安保
が有っても自動参戦にはなっていなかったのですから、軍備縮小後では尚更
となっていきます。

続きを読む >>

        
テーマ:現代の帝国空軍飛行艦隊
イメージ画像
Imperial Fleet / pasukaru76


タイトル:
帝國空軍平成戦記
作者:通信参謀
小説を読もう!リンク

分類:
異世界転移小説
全記事一覧

お勧め内容:
『概要』
空を圧する大艦隊という壮大な設定です。「飛行艦隊」
という巨砲を搭載する戦艦が、空を飛行して戦っていき
ます。

水素の周りを不活性ガスで囲い巨大な主砲を搭載した
戦艦や巡洋艦に、空母まで含む大艦隊が登場して現代
兵器との戦いを繰り広げます。

全四十八話あって完結しています。最終話が続きが有り
そうな終わり方にちょっと戸惑いますが、続編が出たら
読みたいと思わせる作品です。

『スト―リ流れ』
第二次大戦に勝利をおさめた大日本帝国の空軍がありま
した。現代から転移した若者の力により勝利した様です。
そして彼は「飛行艦隊」の司令官となっていました。

降伏文書への調印が行われ帰国する空軍艦隊が、謎の積乱
雲に吸い込まれます。そして艦隊は転移した司令官の元の
時代に転移してしまいます。

元の現代は歴史通りに日本が敗戦しています。更に韓国に
より対馬や竹島の占領が行われていました。そこへ現れた
空軍の艦隊は自衛隊と協力して奪還作戦に参加していく
事になります。

『面白さポイント』
空を舞う巨艦の群れという壮大さに興奮を覚えます。そして
展開されていく「飛行艦隊」と現代のジョット戦闘機やイージス
艦との戦いにワクワクしてしまいます。

空中から発射される巨砲の威力に胸躍ります。そして繰り広げ
られる現代兵器の戦いに興奮します。

最終話が個人的には消化不良を感じますが、次回作が描かれ
れば絶対読みたくなる内容です。



※「」内は本文からの引用です。
冒頭の絵や写真はイメージ画像です。作品とは関係ありません。


        
テーマ:異なる歴史の日本での軍隊生活
イメージ画像
www.Army.mil / The U.S. Army


タイトル:
ホット・ペッパー3  地獄の挺身兵訓練 そしてぼくは……編
作者:スタジオゆにっとはうす なろう
小説を読もう!リンク

分類:
現代戦争小説
全記事一覧

お勧め内容:
『概要』
同郷の同級生の少尉や変わり者の大尉の為に不祥事を起こ
して地方に飛ばされた主人公ですが、2年目の兵隊生活を
迎えて慣れてきたと思っていました。

しかし変わり者の大尉に目を付けられている主人公は、更に
過酷な「帝國陸軍挺身兵(レンジャー)教育課程」に強制的に
参加する事となります。

そこでの訓練は激しいものでしたが、「徒手格闘部」で大尉に
地獄の特訓を受けているので耐える事ができました。更に
格闘では意外な強さを発揮していくのです。

『スト―リ流れ』
徴兵生活の2年目を迎えた主人公は正月を迎えて、学生
時代を懐かしんでいると「帝國陸軍挺身兵(レンジャー)
教育課程」に参加する事を告げられます。

抗議しましたがあっさり無視されます、訓練時に辞退しようと
するも大尉からの逃げたらぶっ殺すぞとの伝言に負けて
訓練に励みます。

格闘技では意外な強さを見せて助教にまで勝てそうでした。
そこに訓練終了が近づいた所で、突発事態に巻き込まれ
ていきます。そして初めての実戦に参加する事になります。

ここでも主人公は意外な策を立てて、周囲からの期待を受け
ます。そこでエリート空挺部隊とも縁ができてしまいます。

『面白さポイント』
何回も栄誉を受ける為にレンジャーを受けている者や
結婚を許してもらうのに無理して訓練に参加する者が、
一緒に訓練を受けています。

熱く泥臭い人間関係が訓練生の間で築かれていきます。
そして天敵の大尉の父親の将軍に、また出会ってと濃い
内容に飽きさせません。

そこで主人公が格闘や実戦での的確な作戦立案等を
行い初めて、かっこ良さに惹きつけられます。



※「」内は本文からの引用です。
冒頭の絵や写真はイメージ画像です。作品とは関係ありません。


        
テーマ:異なる歴史の日本での軍隊生活
ホット・ペッパー2  怒涛の近衛連隊編
www.Army.mil / The U.S. Army


タイトル:
ホット・ペッパー2  怒涛の近衛連隊編
作者:スタジオゆにっとはうす  
小説を読もう!リンク

分類:
現代戦争小説
全記事一覧

お勧め内容:
『概要』
新兵訓練を終えて近衛連隊に配属された主人公は、相変わらず
個性的な女性の大尉に目を付けられていました。「徒手格闘部」
に強制的に入部させられてしごかれます。

大尉は父親の将軍と確執を抱えていて、親子で争っていました。
そんな時に主人公にも面会日は有って彼女が訪ねてくれましたが、
大尉と彼女が対立してさらに困難な立場になります。

演習にて奇抜な作戦を立てて周りからの評価が上がってしまい、
更に過酷な「帝國陸軍挺身兵(レンジャー)教育課程」に進む事に
なります。

『スト―リ流れ』
配属されてた近衛連隊でも新兵の主人公は低い立場にいました。
古参兵と組まされますが変わった人でさらに苦労します。

目を付けられた大尉と面会にきた彼女が対立してさらに困難な
立場になっていきます。そんな時に同郷で同級生の少尉が彼氏の
事で悩んでいて、無茶をしてまで少尉の為に行動します。

演習の作戦では奇策を立てて評価が上がりますが、大尉の父親の
将軍
を罵倒して近衛連隊から飛ばされる事になりますが、評価が
上がっていて「帝國陸軍挺身兵(レンジャー)教育課程」に本人の
知らないうちに推薦されてしまいます。

『面白さポイント』
同郷の同級生の少尉の為や大尉の為に、思い切った行動を取れる
主人公に親近感が湧きます。

大尉からは作戦を立てる才能や将器の才能について評価されて
いました。周囲の評価で更に追い込まれる主人公が面白いです。

主人公を中心とした人間関係が軍隊という組織を通して描かれて
いて斬新に感じます。



※「」内は本文からの引用です。
冒頭の絵や写真はイメージ画像です。作品とは関係ありません。


        
テーマ:異なる歴史の日本での軍隊生活
ホット・ペッパー  波乱の訓練期間編
www.Army.mil / The U.S. Army


タイトル:
ホット・ペッパー  波乱の訓練期間編
作者:スタジオゆにっとはうす  
小説を読もう!リンク

分類:
現代戦争小説
全記事一覧

お勧め内容:
『概要』
硬い文章にちょっと戸惑うかもしれません。慣れてくる頃には面白
くなっていて読み進めてしまいます。

異なる歴史をたどった日本で、主人公は陸軍の徴兵対象となり
ます。隊内のしごきに仲間と耐えて成長していきます。番長や
ヒッピー等の風変わりな仲間と訓練期間を過ごす事なります。

新兵訓練が終わると配属先はエリートの近衛でした。訓練中は
士官候補生への志願を勧められるし同じ近衛の女性の中尉には
目を付けられていて波乱の展開が始まりそうです。

『スト―リ流れ』
大学で学ぶ主人公の元へ赤紙という招集令状が届きます。この世界
の日本では徴兵制がとられていましたが、対象となる事は希でしたが
主人公は招集されてしまいます。

この赤紙を主人公の世代はホットペッパーと呼んでいました。余り歓迎
はされていないようです。

家族の励ましや恋人に分かれを告げて入隊をします。訓練では民主化
が叫ばれていましたがシゴキは有りました。訓練を経て仲間と苦難を
乗り越え絆が深まったり誇りを得たりします。

訓練先には中学時代に同級生だった憧れの女性が、既に軍隊に入って
いて少尉となっていました。訓練終了後には言葉を交わしていきます。

そして新たな配属先が近衛と決まり早速に、同じ部隊の女性中尉に
目を付けられていきます。

『面白さポイント』
本作はシリーズ物で、今回は招集されてからの訓練を描いています。
現代の若者と軍隊という特殊な世界での様子が描かれます

主人公には士官候補生への志願を誘われたり個性的な中尉の興味を
引く何かを持っているようなので、今後の転換が楽しみになります。



※「」内は本文からの引用です。
冒頭の絵や写真はイメージ画像です。作品とは関係ありません。


        
テーマ:緊迫のアジア情勢
大東亜日中大戦
The Best Fighter in the World / Dmitry Terekhov


タイトル:
大東亜日中大戦
作者:通信参謀
小説を読もう!リンク

分類:
現代戦争小説
全記事一覧

お勧め内容:
『概要』
日本に新党が結成されて政権を担う事に成りましたが、タカ派の首相
が率いる政権でした。中国でも内政の失敗を外に目を向ける為に
争いを求めています。

国防省を設立した日本は靖国神社への首相参拝を中国や韓国から
批判されます。そこで謝罪会見かと思われていましたが、日中友好
条約違反であり内政干渉として国際裁判所に提訴すると強気の対応
を始めます。

『スト―リ流れ』
国防省を設立した日本ではヘリ空母の実戦配備が急がれていました。
首相から紛争を嗅わす発言を聞いて国防相は不安を感じます。そこで
予想通りに北方領土の日に北方4島の奪還作戦が実施されていきます。

奇襲攻撃と集結中の航空機戦力を撃破する事ができてロシアと講和
が結ばれます。そこへ北朝鮮から同盟の打診が行われます。北朝鮮
核の散逸をちらつかせた脅しもあり同盟を締結する事になります。

中国との紛争が起きてしまいますが、中国の保有する空母の内の
2隻を撃破した日本は優勢に戦いを進めています。さらに台湾の独立も
行われて日台で共同戦線を取ります。

『面白さポイント』
日本のタカ派政権の行方と政治情勢に興味が湧きます。紛争は好みま
せんが他の国並みの現実的な政策も必要ですので行方が気に成ります。

アメリカより古い空母の購入が行われます。さらに日本独自の戦闘機も
開発されて少数ですが空母に配備されます。日本独自の戦闘機等の登場
にわくわくしますし、政治情勢を含めて今後の展開に期待が湧きます。



※「」内は本文からの引用です。
冒頭の絵や写真はイメージ画像です。作品とは関係ありません。


        
テーマ:日本の反撃
領土奪還戦争!
Yokosuka navy base / woinary


タイトル:
領土奪還戦争
作者:マンチカン
小説を読もう!リンク

分類:
現代戦争小説
全記事一覧

お勧め内容:
『概要』
愚かな政権の誕生ににより日本は危機に陥っていました。竹島や対馬や
沖縄本島まで侵略されています。さらに世界経済の恐慌もありました。
そして日米安全保障条約まで破棄するという愚かさです。

遂に追い詰められた日本の反撃が始まります。幸いに日米安全保障条約
を破棄していましたので、兵器開発が自由にできるようになりレーザー砲
ステルス性の高い戦闘機の開発に成功しています。空母の建造も
進められています。

『スト―リ流れ』
第二次世界大戦の名パイロットを祖父に持つ青年が、操縦機訓練に励んで
います。彼はもう少しでジェット戦闘機のパイロットになれる所でした。そこへ
知り合いの天才科学者が現れます。

天才科学者の彼女は日本の兵器開発のスピードを加速させる成果を出してい
いました。F-15と外見は同じなのに10倍のステルス性を持ち常時マッハ2.5
を出して飛べる戦闘機の開発や護衛艦や戦車に搭載するレーザー砲を開発
していきます。

戦車のレーザー砲はPAC3仕様でもあるので、核ミサイルの迎撃さえ可能でした。
さらに完成が近い空母の建造を進めていて、追加の建造まで予定されています。

これらの配備後に領土奪還に動きだします。まずは竹島等を侵略している身近な
国と国交断絶になります。さらに北の国も参戦してきますが、レーザー砲搭載の
護衛艦や戦闘機により圧倒的な勝利を飾ります。

不当な占領地の開放や戦後から続く出鱈目な賠償請求の放棄を条件に講和を
結びます。アメリカからの国連の敵国条項を持ち出した不当な宣言も国防大臣の
日本の潜水艦技術の高さを知らせて撤回させます。

そこへレーザー砲の対策をした軍備を元に隣の大国からの干渉が始まり、戦争へ
と発展してしまいます。そこでさらなる新兵器を投入してと話が続きます。

『面白さポイント』
選挙により愚かな政権が誕生する事のデメリットは実感していますので、有り得た
かもしれない展開に戦慄します。

レーザー砲やステルス戦闘機等の新兵器にわくわくします。さらに日本のみ量子
コンピュータの開発に成功していて、サイバー攻撃や兵器開発にも偽情報を
流す事まで出来ます。

火星探査用の反重力エンジンや光ジェットまでが登場して、想像力をかきたて
ます。



※「」内は本文からの引用です。
冒頭の絵や写真はイメージ画像です。作品とは関係ありません。


        

スポンサーリンク


【面白いネット小説お勧め記事】

【小説を読もう!更新情報】
全記事一覧
最新記事
人気記事
プロフィール

yuki.kk

Author:yuki.kk
読書好きの男性です。
活字中毒ぎみなので、
無料で読める小説も
数多く読んでいます。

そこで読んで面白かっ
た作品をご紹介します。

恋愛やファンタジーや
百合やTSや推理や
戦争と幅広く読んで
います。

ブログランキング
小説(読書感想) ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
FC2ランキング
PVランキング
RSSリンクの表示
日本ブログ村
スポンサーリンク
小説家になろう公式
カテゴリ
スポンサーリンク
検索フォーム
リンク
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。