【小説紹介サイトお勧め》】

スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        

フロンティアダイアリー ~元貴族の異世界辺境生活日記

テーマ:鈍感で正義感の有る貴族の勘当息子の辺境領地経営
イメージ画像


タイトル:
フロンティアダイアリー ~元貴族の異世界辺境生活日記
作者:鬼ノ城ミヤ
小説を読もう!リンク

分類:
国領地経営物小説
全記事一覧

お勧め内容:
『概要』
楽しげな雰囲気の中で領地を営んで行く様子が描かれます。正義感の
有る鈍感な主人公が、美貌のエルフや主人公を慕うキャットピープルの
侍女や熊の少女や年若い龍人の姉妹と辺境の生活を始めて、周辺の
領主となっていきます。

鈍感な主人公を中心としたプチハーレムと言えますが、鈍感なので楽し
げな仲間達との暮らしが描かれて、功績から辺境の地の領主に任命され
て小さな村しか無い領地の経営に乗り出して行きます。

辺境の領地が発展して行く様子にワクワクして、門の守護者を名乗る
思念体やサラマンダーの人化した女性と続々現れて来る女性陣の様子
も面白く成ります。

小説を読もう!感想リンク

スポンサーリンク


『スト―リ流れ』
大貴族の大公の次男に生まれて、薬学や魔法を学んで魔法学園でも
教えていた主人公は常識的な正義感の有る人物でした。

そんな主人公の実家は領地に圧政を布いて、過酷な重税を違法に
取り立てているのでした。そんなお金で両親は贅沢に暮らして兄弟は
それを享受しているのでした。

しかし常識人の主人公のみがそんな圧政を批判して、父の大公に抗議
を続けていました。そんな主人公を疎ましく感じた父親に遂には勘当され
てしまいます。

屋敷からも追い出された主人公は、同僚のエルフ女性の親族が治める
辺境都市に向かいますが、そこには元父の手が回っていて都市に入る
事を禁じられていました。

そこで辺境の廃棄された村の跡地に住み着く事になるのですが、追い
かけて来たキャットピープルの侍女や知り合いの亜人の商人の恩恵も
受けて廃村で暮らして行けるように成ります。

薬学を学んでいた主人公は近くの亜人の村に薬を売りに出かけるの
ですが、傷ついた龍人の姉妹を助けて元廃村で治療する事になります。

奴隷狩りか盗賊に襲われた熊の少女を保護したり破壊された遺跡の
門の守護者の思念体の女性や暴走したサラマンダーの人化した女性
達が集い始めます。

更にサラマンダーの暴走を止めた事から辺境子爵に任命されて、
薬を売りに出かけた村や廃村一帯の領主に任命されます。

門の守護者の思念体の女性や暴走したサラマンダーの人化した女性
が不思議な力を振るい始めて、ダンジョンクリエイターの女性や魔族の
少女兵士も現れて、面白い仲間に囲まれながら彼女達の力添えも
有って亜人達が集まり出して領地が発展していきます。

小説を読もう!小説情報リンク

『面白さポイント』
集う女性キャラ達が魅力的です。主人公に好意を寄せるエルフ女性に
慕うキャットピールの侍女や小熊の少女が、楽しげな雰囲気を作って行き
ます。

更に門の思念体を名乗る女性が精霊の様な力を振るい外交まで担当
して行きます。サラマンダーの人化した女性もスケルトンを操って埋もれ
た自身の龍の鱗を掘り出して高価で販売して行きます。

エルフの女性もスケルトンから魔石を作り出して、領地の新たな特産品
となって行きます。更にダンジョンクリエイターの女性も現れて訓練を
目的としたダンジョンを作って領地の発展に貢献していきます。

常識人で正義感の有る主人公が、適切な税や亜人を差別しない政策を
取って特徴ある仲間達と辺境の領地を経営して発展する様子が楽しめ
ます。




※「」内は本文からの引用です。
画像;village / Jeff Attaway


関連記事
スポンサーサイト
        
コメントの投稿
非公開コメント



スポンサーリンク


【面白いネット小説お勧め記事】

【小説を読もう!更新情報】
全記事一覧
最新記事
人気記事
プロフィール

yuki.kk

Author:yuki.kk
読書好きの男性です。
活字中毒ぎみなので、
無料で読める小説も
数多く読んでいます。

そこで読んで面白かっ
た作品をご紹介します。

恋愛やファンタジーや
百合やTSや推理や
戦争と幅広く読んで
います。

ブログランキング
小説(読書感想) ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
FC2ランキング
PVランキング
RSSリンクの表示
日本ブログ村
スポンサーリンク
小説家になろう公式
カテゴリ
スポンサーリンク
検索フォーム
リンク
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。