【小説紹介サイトお勧め》】

スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        

戦国行商人

テーマ:現代の廃村と戦国時代の村で交易して村興し
イメージ画像


タイトル:
戦国行商人
作者:弐仙人
作者様削除に寄ってリンク切れとなっています。2017/02/23

分類:
戦国時代物小説
全記事一覧

お勧め内容:
『概要』
戦国時代物なので戦国大名を想像しますが、現代と戦国時代で村興し
する神使いの主人公を描いていきます。

行商人となっていますので売り歩くのかと思いますが、戦国時代の村と
交易したり現代知識で農業振興をします。

戦国時代とは神気を持った主人公と神社の御神体の力で行き来しますが、
幼女の巫女に神が宿り狐耳に尾っぽのキャラクターが登場して、主人公を
サポートします。

スポンサーリンク


『スト―リ流れ』
天涯孤独と思っていた主人公は意外な遺産を相続する事になります。数百
億の資産ですが条件が有りました。

それは廃村となった村に住民を呼び戻して発展させて行くと言うものでした。
遺言には神社の復興も挙げられていて、改築した神社を訪れた主人公は
ご神体の銅鏡に触って戦国時代に飛ばされてしまいます。

飛ばされた戦国時代の村は神主の家系が村長や神主として村を治めていて、
主人公とも血のつながりが有るのでした。

そして神社を熱く信仰していて、神使いとして主人公も尊重されます。そこで
ご神体の力が失われて現代に帰れなくなるのですが、巫女が舞を踊って神
を宿して帰還の方法を告げます。

そんな経緯で神を宿した幼女でしたが、狐耳に尾を持つ狐っ娘の姿となって
幼女と共存していきます。

現代に帰還した主人公に巫女と神主の親子が巻き込まれて、神気がたまる
まで現代で過ごすことになっていきます。

神と主人公は神気のたまるのをまって戦国時代に定期的に行き来できる様
になるのですが、村の守り神な神は戦国時代の村の繁栄を望んできます。

そんな経緯で村興しの名物を求めて、戦国時代の村と交易を図りながら
両方の村の繁栄を図っていきます。

『面白さポイント』
狐っ娘な巫女の舞を名物にしての村興しや遺産相続の担当弁護士が、
ロリコンの変態紳士だったり幼女な巫女が可愛く神が宿った状態の
狐っ娘が現代に興味深々で、舞にダンスを取り入れたりアニメにハマっ
たりと楽しめせてきます。

更に戦国時代の村ですから主人公の元に村娘が夜這いに現れたり
戦国時代の有名人が登場してきたりタイムパラドックスに悩んだりする
面も見せます。

村興しに興味を惹かれながら狐っ娘な巫女に魅了されて、戦国時代
の人間模様に関わって行く主人公が楽しめます。




※「」内は本文からの引用です。
画像;水谷神社 / Kentaro Ohno


関連記事
スポンサーサイト
        
コメントの投稿
非公開コメント



スポンサーリンク


【面白いネット小説お勧め記事】

【小説を読もう!更新情報】
全記事一覧
最新記事
人気記事
プロフィール

yuki.kk

Author:yuki.kk
読書好きの男性です。
活字中毒ぎみなので、
無料で読める小説も
数多く読んでいます。

そこで読んで面白かっ
た作品をご紹介します。

恋愛やファンタジーや
百合やTSや推理や
戦争と幅広く読んで
います。

ブログランキング
小説(読書感想) ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
FC2ランキング
PVランキング
RSSリンクの表示
日本ブログ村
スポンサーリンク
小説家になろう公式
カテゴリ
スポンサーリンク
検索フォーム
リンク
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。