【小説紹介サイトお勧め》】

スポンサーリンク

獣医さんのお仕事 in異世界 異世界小説がおもしろい

テーマ:異世界へ召喚された獣医を目指す学生の活躍
獣医さんのお仕事 in異世界


タイトル:
獣医さんのお仕事 in異世界

無料小説サイト:
小説を読もう!リンク

分類:
異世界転移小説
全記事一覧

お勧め内容:
『概要』
グ―ルは人の中に潜み近くの生き物に襲いかかるので恐れられています。
しかもグ―ルが潜んでいる事が分かると村ごと焼き払われてしまいます。

そこでグ―ルが潜んでいても噂を立てずに隠していましたが、正体が特定
されて退治されました。しかしグ―ルに噛みつかれたり引っ掻かれた者が
出てしまったのです。

噛みつかれたり引っ掻かれた者を群衆はグ―ル化するとして殺そうとしま
すが、そこへ「黒目黒髪の騎士」と神官が現れて感染の疑いが少ない事を
説くのです。そんな「黒目黒髪の騎士」と呼ばれる事になる獣医を目指す
学生だった主人公の異世界召喚後の活躍が描かれます。

面白いのは噛みつかれたり引っ掻かれた者達よりも彼らを殺そうとした、
グ―ルを退治して血を浴びた者達が感染率が高い事が分かったりグール
となる原因を主人公が医学の知識からつきとめていく様子です。

小説を読もう!感想リンク

スポンサーリンク


『スト―リ流れ』
大学院で獣医になる為に学んでいた学生が異世界に召喚されます。多数の
罪人の血と引き換えに召喚するという血なまぐさいものでした。

血なまぐさい行為には直接には携わりませんでしたが、黙認する形で神官達も
関与しています。何度も異世界の者を「マレビト」として召喚してきているので、
神官は日本語が分かるのでした。

辺境伯の地位にある領主により領地の危機を救う為に召喚されたと説明され
ます。元の世界に戻るにも1年間は掛りますし血なまぐさい儀式が必要になるの
です。

主人公は異世界の事を神官より学びながら獣医の知識でできる事を行い始め
ます。スライムの生態を調べて農業に利用できないか調べ始めたりモルモットの
ラットを飼い始めます。

悪臭がひどかったりしてメイド達には嫌がられたり変な人扱いされながら獣医と
して出来る事を行い始めます。

薬草の研究も始めて麻酔薬や鎮痛薬の開発も行っていきます。異世界の様子を
知りに領主館の外を見て回るとグ―ルの噂を聞きます。

グ―ルを探していると周辺の住人に退治されていました。しかし噛みつかれたり
引っ掻かれた者が出て、グール化をする事を恐れて殺されようとしていました。
そこで逆に噛まれた者たちよりも血を浴びた者が感染率が高い事を説いて、
血の付いた農具の消去処分や血を浴びた者たちの経過を見ていきます。

グ―ルの発生は寄生虫による事を研究で突き止めて、発生源と思われる過去に
退治されたヒュドラの復活を明らかにして騎士団と共に退治します。

グ―ルの発生を未然に防ぎ原因のヒュドラを退治した主人公は、「黒目黒髪の騎士」
として神官と共に有名になります。

召喚を行った領主が良い政治を行っていないのも分かってきます。主人公は領地を
救うにも資金等もないと考えて龍の住む地に行って資金を得る事を考えます。

小説を読もう!小説情報リンク

『面白さポイント』
召喚に使われた犠牲者を救おうする主人公の人柄にまずは惹きつけられます。そして
獣医という職業で異世界で何かできるのかに興味が湧きます。

オタク気味の研究職ですから街中を妖精を追いかけ回したりスライムを飼育して、臭いや
消化液を吐きかけられるとメイドさんに怒らる様子も描かれます。

ヒュドラ退治をしたり龍の住む所に出かけたりと冒険も行い始めます。また、周りの奴隷の
騎士団やその女性団長という変わり者も出てきて楽しくなります。




※「」内は本文からの引用です。
冒頭の絵や写真はイメージ画像です。作品とは関係ありません。
画像:Beagle Dogs in Research for Animal Testing / www.understandinganimalresearch.org.uk


関連記事
スポンサーサイト
        
コメントの投稿
非公開コメント



スポンサーリンク


【面白いネット小説お勧め記事】

【小説を読もう!更新情報】
全記事一覧
最新記事
人気記事
プロフィール

yuki.kk

Author:yuki.kk
読書好きの男性です。
活字中毒ぎみなので、
無料で読める小説も
数多く読んでいます。

そこで読んで面白かっ
た作品をご紹介します。

恋愛やファンタジーや
百合やTSや推理や
戦争と幅広く読んで
います。

ブログランキング
小説(読書感想) ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
FC2ランキング
PVランキング
RSSリンクの表示
日本ブログ村
スポンサーリンク
小説家になろう公式
カテゴリ
スポンサーリンク
検索フォーム
リンク
アクセスランキング