【小説紹介サイトお勧め》】

スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        

【小説家になろう】や【小説家を読もう!】でおすすめの貴族恋愛物

貴族恋愛物


【小説家になろう】や【小説家を読もう!】でおすすめの貴族の恋愛作品をまとめて
みました。

男爵令嬢は、薔薇色の人生を歩みたい


継母に疎まれ命を落とした精霊術師の王女は、500年後、同じ国にセンゲル男爵の娘フェリシアとして生まれ変わった。今度は前世のような最期を迎えないように、良い子の仮面をかぶるのはやめる。欲しい物は欲しいと素直に主張し、存分に楽しんで笑って生きよう! と、決めたはいいが、財に乏しい下級貴族の男爵家では、フェリシアの望む贅沢三昧暮らしは不可能だった。そこで、自身の精霊術を用いて領地を富ませるものの、父が投資詐欺にあってしまう。詐欺を働いた者たちは上級貴族であり、太刀打ちできる相手ではないと父は諦めて項垂れる。しかし、フェリシアは諦めるなど考えない。相手が上級貴族の権力者であるなら、それ以上の権力を持つ


数奇な運命を持つ女主人公の転生しての新たな人生と恋愛を描いて
行きます。

主人公の暮らす王国は女神の加護を受けていて、「女神の木」に花を
咲かせる能力を持つ者が王位に就きます。

前世は王国の王女で男爵令嬢に転生した主人公も精霊述の使い手で
「女神の木」にも花を咲かせられるのでした。

継母に嫌われて命を奪われてしまった主人公は、転生して幸せな人生
を目指しますが第一王子と対立する第二王子の陣営の高位貴族の陰謀
で家族が詐欺に遭ってしまいます。

高位貴族と対立する為に、第一王子に「女神の木」に花を咲かせる精霊術
が使える主人公は交渉に出かけます。

そこからキラキラ王子との甘い恋愛が始まって、側近のイケメン貴族も
登場します。


男爵令嬢は、薔薇色の人生を歩みたいのご紹介記事


異世界の眠り姫


目がさめたら、王太子殿下の正妃にされていた……!
軽くないカルチャーショックを受けつつも、私は自分が異世界に転生したことを受け入れるしかなかった。
魔法を使いたい元公爵令嬢・現正妃のヒロインと、女嫌いの俺様王太子ラブ?ストーリー…的な。


眠り続ける公爵令嬢が王子様のキスで目覚めます。それも王子との
結婚の場での事でした。

しかも王子は女嫌いで世継ぎを求めて結婚を迫られるのを嫌って
眠り続ける公爵令嬢を愛情とは関係なく選んだのです。

そこで目覚めたのが現代日本の記憶を持つ主人公で、目覚めると
王子の正妃となっていた女性と王子の微妙な恋愛模様が描かれます。

面識も無い異世界の王子の正妃に目覚めるとなったいた現代の女性
は、俺様気質の王子に諍いながらも彼の出征に心を痛めます。

そこで花の女神の寵愛を受けて花を咲かせる主人公の特殊さが
明らかになって行きます。

異世界の眠り姫のご紹介記事


(仮)悪役王妃の役割


王妃である私には大切な役割がある。
それは夫が真に愛する相手との間を邪魔しつつ、その恋が成就するようにすること!
と、いう王に愛されていることに気づくことなく、悪役王妃をがんばる話
基本王妃は人の話を聞いていません。
(本編終了しました。今後は番外編を連載します)
注:本編は終了しましたが、未だに接吻等の行為さえありません(笑)


恋愛と言うよりも家族のほのぼのとした愛情が描かれて行きます。
王妃が大好きな王様と周りが見えない猪突猛進の王妃がいます。

王妃は王に好きな人が居ると思い込んで、王が好きな人と結婚
させる様に仕向けようとします。

しかし王妃に惚れ込んでいて大慌てする王に、母様大好きの王子
や年の差の初恋に身を焦がす幼い王女が登場します。

(仮)悪役王妃の役割のご紹介記事


にせもの王女の結婚


北の離宮でひっそりと暮らしていたロザーリエ――ローズは、国王である叔父にある日突然呼び出された。
 王城に戻ったローズに命じられたのは、王女と偽って隣国の国王ルバートの妃候補として王宮に滞在すること。
 それはとても過酷な命令だった。
 残虐非道だと噂のルバートから、婚約を成立させずに自国への援助を取り付ける。そのためならば媚を売ってでも何を売ってでも、命を捨ててさえもやり遂げなければならないのだ。
 抵抗するも厳しくはねつけられたローズは、覚悟を決めて隣国へと旅立った。

※この物語は『沈黙の女神』『さよならの選択』に続くシリーズです。
 もちろん、この物語だけでもお楽しみ頂けると思います…


薄幸の元王女の切ない恋が描かれます。主人公は従姉妹の王女の
身代わりに冷酷と噂の大国の皇帝の妃候補とされます。

主人公の王国は冷酷な皇帝の国からの援助を欲していて、彼女は
偽物の王女なのに重要な使命まで与えられます。

集められた妃候補たちは激しく競争をしていましたが、主人公と或る
女性だけが孤立して行きます。

孤立した女性の正体や偽の王女で有る事だけで無く過去の不幸な
事実から皇帝から妃に望まれても苦悩を覚える主人公の葛藤が
描かれます。

にせもの王女の結婚のご紹介記事


野に咲く花のように


とある王国の後宮の片隅でひっそりと生きる側室、セシル。
このまま、何事もなくひっそりと生きて行くのだと思っていた彼女の日常は思いがけず国王 エドアルドの寵愛を受けることになり大きく変わっていく。

現在、不定期更新となっております。申し訳ございません。

改訂作業終了しました。あちこち変わってます。話が進むにつれて、また改訂する箇所が出てくるかもしれません。その際はまたお知らせ致します。予めご了承ください。


王の後宮に迎えられながら他の側室たちと王の寵愛を競う事も
無くてひっそりと暮らす主人公です。

しかし父親との会談を望んだ事が切っ掛けで、突然に王からの
愛情が注がれて行きます。

王は主人公の令嬢に初恋をしていて機会を伺っていたのでした。
そんな二人に主人公を疎んじる母や兄の存在や宮廷の庶子の
王兄が関わる陰謀に巻き込まれるのです。

野に咲く花のようにのご紹介記事

スポンサーリンク


三年目のイリス


後宮に入って三年目、幸運にも王の寵愛を得られなかったイリスは、規則により家に帰される事となった。
しかし荷造り中に偶然王と会ってしまい・・・。
「折角ブサイクに生まれましたのに、どうして・・・!」
コメディ時々残酷。
※登場人物の言動には相手に対する敬意がみられません。また、肉体的・精神的に残酷な場面があり、不快に感じる可能性があります。それらすべてを了承した上でお読みくださいますようお願い申し上げます。改稿版・番外を自サイトに掲載しています。


王の後宮の側室に上がりながら王の事は何とも思っていない
主人公は、お呼びが掛からないまま3年間が過ぎての後宮
から去る日を楽しみにしていました。

しかし王の勘違いから寝屋に呼ばれて寵愛まで受けてしまいます。
実家に帰りたいだけの主人公は、能天気な侍女共に一刻も早く
帰れる事を望みます。

一方の王は主人公に固執する様になって、彼女の心を得ようと躍起と
なて行きます。

更には王の母親の太后にも気に入られてと容姿に恵まれていない
主人公の笑いを誘う愛情劇が繰り広げられます。

三年目のイリスのご紹介記事


婚約破棄からはじまる恋


16歳を迎えた侯爵令嬢シェイラは、ある夜、父親が国王暗殺計画に関わっていることを知ってしまう。一ヶ月後、恋焦がれていた公爵家嫡男レオンハルトとの婚姻を控えているというのにーー。父親の罪を告発したことで、爵位剥奪と婚約破棄に追い込まれた令嬢が、貴族社会の中で前を向いて頑張る物語。※本編完結済


重大な決断を下した侯爵令嬢と初恋の相手の公爵家子息の
恋模様に心が揺さぶられます。

王の暗殺まで企む父親の侯爵の不正に気付いた主人公は、
父親の告発を決意しますが王族への反逆は一族にも罪が
及ぶものでした。

何より辛いのは逆臣の娘となる主人公は、貴族の地位も失い
婚約破棄も覚悟する必要が有ります。

そんな主人公に元々感情が薄くて主人公を妹と感じていた
公爵家子息は、一人の成熟した女性として見始めます。

処刑は免れた主人公ですが、公爵家とはつり合いが取れず
婚約破棄がなされた二人の恋の行方が描かれます。

婚約破棄からはじまる恋のご紹介記事


公爵と王女


「褒美を取らせる―――王女を妻に迎えよ」
 王のその一言で滅んだ国の王女を妻に迎えることになった公爵の話。


言葉にすると陳腐ですが本当の愛や恋とは何かと考えさせる
作品です。

主人公の王女は王妃を亡くして狂った父王に、王妃の身代
わりを強制されます。

狂った王は他国に侵攻して返り討ちに遭います。主人公は
亡国の王女となってしまって、功績のあった公爵に降嫁して
褒美の妻とされます。

しかし公爵には自国の王女に思いを抱いていて、王女も
公爵に好意を持っていました。

そんな二人には突然の遍歴ですが、公爵は亡国の王女を
妻として受け入れます。

ここで納得できない王女の暴走が行われて、本当の愛や
恋とは何かや暴走した王女は悪なのかと悩まされます。

公爵と王女のご紹介記事


婚約破棄の次は偽装婚約。さて、その次は……。


伯爵の娘であるアナベルは、父伯爵が亡くなった途端、従兄から不貞を理由に婚約を破棄される。それはまったくの濡れ衣だが、アナベルも従兄が嫌いだったので、婚約破棄はこれ幸いと受け入れる。ところが、不貞を立証するためと称し従兄がアナベルに填めた腕輪には強力な呪いがかかっていた。解呪には特別な品が必要であり、アナベルはそれを手にする手立てを探すため、地方より王都に居を移す。そこでアナベルは、偶然その品を持つ公爵と出会う。ありがたくも品を譲ってもらえることとなり、アナベルはお礼として公爵の求めに応じ、偽りの婚約者となる。


伯爵令嬢の主人公は父親の伯爵から従兄のイケメンと結婚
して家を継ぐ事を望まれていました。

しかしこの従兄のイケメンがいけ好かない俗物で、伯爵の
死によって本性を現してきます。

主人公の不貞を主張して婚約を破棄して来ます。主人公も
従兄の本質を理解して元々嫌っていました。

しかも従兄は不貞を証明する道具だと偽って、主人公に
呪いの腕輪を付けさせます。

呪いで余命が限られた主人公でした、辣腕と噂の切れ者
の宰相と運命の出会いをします。

宰相は政治的には苛烈ですが、人間としては正義感に富む
誠実な人柄でした。

そんな宰相は元イケメンで今は令嬢方からも相手にされない
ぽっちゃりの姿に呪いを受けてなっていました。

不貞を疑われて婚約破棄された元伯爵令嬢と呪いを受けた
ぽっちゃり宰相の偽装婚約から始まる恋愛が描かれます。

婚約破棄の次は偽装婚約。さて、その次は……。のご紹介記事


ビューティフルざまぁ~公爵令嬢、悪役令嬢への道を歩む~


「社交界の華」と呼ばれているアナスタシア公爵令嬢。
彼女は伯爵と恋愛結婚し、誰もが羨む夫婦生活を送っていました。

ある日、夫のお母様から大変な侮辱を受けます。お母様のご乱心をただ見ているだけの夫。
それに、え?何ですか?第三王女様が殺された?犯人が夫ですって?
騎士団が荒々しく屋敷に入ってき、夫を捕らえてしまいました。
夫は死刑になるようで・・・王族殺しは一族郎党皆殺し・・・。
そんな・・・これから私はどうすればいいのですか?


功績を挙げて伯爵の爵位を得た夫と社交界の華と言われた
公爵令嬢の誰もが羨む夫妻の夫の不貞が明かされて妻が
下した苛烈な断罪が描かれます。

何気ない夫婦の関係に、元庶民の夫の母親が見せる妻の
元公爵令嬢への隠された敵意が明らかになります。

そして夫に冤罪の司法の手が伸びますが、それは妻の元
公爵令嬢の妻によって企まれた復讐劇でした。

ビューティフルざまぁ~公爵令嬢、悪役令嬢への道を歩む~のご紹介記事


「めでたし、めでたし。」じゃ終れないっ!


――姫は王子様と結婚しました。めでたし、めでたし――物語りはそこで終わっても私の人生は続いてく。愛を誓い合ったはいいものの、他にも奥さん居たんですね王子様。まぁいいですよ。開き直って陰謀渦巻く後宮で生きていきます。「灰かぶり」と虐げられた実家よりはマシですからね。と思いきや下賜ですかっ!?私に平穏な住まいを下さい!…という娘のお話。
*娘視点の話は完結しました。引き続き、侯爵視点の話を投稿しています。*侯爵視点も完結しました。長い間お付き合いいただきありがとうございました。


女の子が憧れるシンデレラストーリーですが、情熱的な王子
と結ばれて本当の幸せをえられるのでしょうか。

継母の元で義理の姉達から冷たく扱われた主人公は王子の
愛を得ます。

しかし情熱的な王子は恋多き男で、多数の側室を持ってその
一人なのでした。

そんな主人公の女性は功績の有った功臣に降嫁される事に
なってしまいます。

女の子の夢を壊すようですが、降嫁される侯爵の本当の気持
ちが明らかになって、本当の愛に包まれます。

「めでたし、めでたし。」じゃ終れないっ!のご紹介記事


猫かぶり姫と天上の音楽


断るのが面倒で受けたお見合い相手に迫られ、バルコニーから転落した音大生の花(ハナ)。それを拾ったのが、自称「神様」。で、拾得物は交番に・・・なはずが、違う世界へ届けられました。そこは魔法や魔物が息づく世界。「ここで音楽を奏でてね♪」って言われても・・・?


ファンタジックな恋愛模様が描かれます。異世界のイケメン
の若き皇帝と側近の居る後宮に主人公が転移されます。

女性を傍に置かない冷酷な皇帝なのですが、強大な魔力
を持ち世界の安定に寄与していました。

しかし一人で世界を支える事は皇帝でも無理が出てきます。
そこに主人公が歌声で奇跡を起こして行くのです。

そんな世界観の中で天然ながらしっかりした所も見せる主人公
の女性と冷酷と言われながら側室の名目で主人公を保護した
若き皇帝の間に微妙な気持ちが行きかい始めます。

猫かぶり姫と天上の音楽のご紹介記事



※「」内は本文からの引用です。
画像;Hampton Court / p_a_h


関連記事
スポンサーサイト
        
コメントの投稿
非公開コメント



スポンサーリンク


【面白いネット小説お勧め記事】

【小説を読もう!更新情報】
全記事一覧
最新記事
人気記事
プロフィール

yuki.kk

Author:yuki.kk
読書好きの男性です。
活字中毒ぎみなので、
無料で読める小説も
数多く読んでいます。

そこで読んで面白かっ
た作品をご紹介します。

恋愛やファンタジーや
百合やTSや推理や
戦争と幅広く読んで
います。

ブログランキング
小説(読書感想) ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
FC2ランキング
PVランキング
RSSリンクの表示
日本ブログ村
スポンサーリンク
小説家になろう公式
カテゴリ
スポンサーリンク
検索フォーム
リンク
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。