【小説紹介サイトお勧め》】

スポンサーリンク

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
        

別説、太平洋戦史  第二部 「総合作戦本部を組織せよ」ルソン燃ゆ

テーマ:軍令部の参謀による作戦が発動しマリアナ海戦に辛勝した日本のフィリッピンに戦雲


タイトル:
別説、太平洋戦史  第二部 「総合作戦本部を組織せよ」ルソン燃ゆ
作者:obannu47
小説を読もう!リンク

分類:
世界大戦物小説
全記事一覧

お勧め内容:
『概要』
現代兵器や新兵器とインチキやご都合主義の無い新戦略戦術で戦う大日本
帝国陸海軍
は、史実では惨敗だったマリアナ海戦に勝利しますが
米軍の底力は物凄く辛勝の結果に終わります。

そして日本の資源を制するフィリピン上陸作戦が米軍によって実施されます。
そこで合理性を追求した軍令部参謀によって合理性を追求した作戦指揮の
組織を立ち上げての戦いが進みます。

しかし陸海軍のわだかまりを解消して資源や軍備の融通を図って、ビルマ
戦線を始めとした戦線の立て直しの援軍補給を図りますが、合理性を追求
した歩兵主義から砲兵主義への戦術転換や航空戦で有利な防御戦闘を
企画しますが現地司令部の独断的な越権行為により被害が重なります。

小説を読もう!感想リンク

スポンサーリンク


『スト―リ流れ』
戦争の合理的な指揮の為に帝国陸海軍を統括する司令部の構想を図って、
海軍の空母建造を取りやめて陸軍の砲の生産に回して砲兵師団を組織し
火力重視に戦術転換が行われます。

空母の建造中止も米軍との艦隊決戦を避けて、来るソ連海軍との海戦
絞った戦略転換が図られます。

フィリピンにも陸軍師団が増強されて新たな航空軍が配備されますが、
組織した「総合作戦本部」の戦争指導は現地司令部の独断で無視されて
劣勢に追い込まれます。

更に数で劣勢な航空機では損害を無視した出撃や戦闘機による爆撃や
特攻まで言い出されます。

そして劣勢になる戦局で台湾や沖縄への侵攻に備える事になりますが、
参謀は硫黄島や台湾を放棄しての航空戦力の流動化を企図します。

小説を読もう!小説情報リンク

『面白さポイント』
米軍の反攻作戦が起こりフィリピンでの劣勢な戦局が描かれて行きます。
合理的な陸海軍の作戦協調や資金・資材の融通が図られて、砲兵師団
の配備や部隊の再配置が行われます。

しかし強大と成った米機動部隊や上陸軍に追い詰められる中で、起死
回生を図る沖縄決戦
の準備が進みます。

新型迎撃戦闘機の配備や戦略による中国情勢の変化が描かれるの
ですが、物語でも史実でも帝国陸海軍の参謀や司令官の無能には憤り
を感じさせられます。



※「」内は本文からの引用です。
画像:Image from page 28 of "The Times history of the war" (1914) / Internet Archive Book Images



関連記事
スポンサーサイト
        
コメントの投稿
非公開コメント



スポンサーリンク


【面白いネット小説お勧め記事】

【小説を読もう!更新情報】
全記事一覧
最新記事
人気記事
プロフィール

yuki.kk

Author:yuki.kk
読書好きの男性です。
活字中毒ぎみなので、
無料で読める小説も
数多く読んでいます。

そこで読んで面白かっ
た作品をご紹介します。

恋愛やファンタジーや
百合やTSや推理や
戦争と幅広く読んで
います。

ブログランキング
小説(読書感想) ブログランキング
にほんブログ村 小説ブログ 小説読書感想へ
FC2ランキング
PVランキング
RSSリンクの表示
日本ブログ村
スポンサーリンク
小説家になろう公式
カテゴリ
スポンサーリンク
検索フォーム
リンク
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。